×

CATEGORY

他社ではできない8つの無料

商品検索

CATEGORY

MENU

無料資料請求お申込み
HOME»  法要の基礎知識

法要の基礎知識

法事と法要の違い

「法事」と「法要」、皆さんも一度は耳したことがある言葉でしょう。
最近では法事と法要は同じ意味として使われている事も多いのですが、正確には少し意味が違います。

法事

法事

故人の冥福を祈り、霊を慰めるために行うものです。
故人の供養のために行われ、追善供養(ツイゼンクヨウ)といいます。
故人があの世で良い報いを受けられるように祈り、供養するものです。
追善供養が終わると、遺族・親族・友人・知人などで会食をします。

つまり法事とは追善供養後の食事の席など全体のことを言います。

法要

法要

法要も故人の冥福(冥土の幸福)を祈るために行うものです。
法要を営むことによって故人は極楽浄土に往生できるとされており、故人を供養するためには必ず必要な儀式です。法要も一般に「法事」と呼ばれていますが、厳密にはお経をあげてもらう追善供養のことをさします。

つまり法要とは住職にお経をあげてもらう追善供養のことを言います。

四十九日とは

亡くなった人の命日を基準として七日ごとに行う「中陰法要」の最後の法要(満中陰)が四十九日です。

始めの七日目を初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)と続いて、七七日が満中陰すなわち四十九日にあたります。
亡くなった人は、死後49日後に仏の元へ向かうとされています。
四十九日は、初七日から七日ごとに受けたお裁きにより来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。

故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように、家族や親族の他、故人と縁の深かった方々を招いて法要を営みます。
そしてこの日をもって「忌明け(きあけ)」となるので、法要後、忌明けの会食を開きます。
四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活にもどる日でもあります。
忌明けを迎えるまでは、初詣や神社への参拝、結婚式への参列も控えたほうがいいとされています。
また、日取りは出席しやすい土曜日・日曜日が多いようです。

四十九日法要の迎え方

死者の霊は、(仏教では)亡くなった日から7週間(四十九日間)は、この世とあの世をさまよっているとされています。
この期間は、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしているのです。
その間に遺族が丁寧に冥福をお祈りすることによって、亡くなった人は初めて無事に極楽浄土に送り届けられる(浄土真宗をのぞく)とされています。
この期間は「忌中(きちゅう)」といい、四十九日が過ぎると「忌明け(きあけ)」となります。
忌明け法要は、親戚縁者を招いてお寺さんにお参りいただき、故人の成仏をお祈りします。

四十九日法要は忌明けの大切な法要です。
四十九日法要を行うためには、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、いつまでに何をしなければならないのかしっかりと把握しておく必要があります。
そのために必要な準備や当日の流れなど、事前にすすめておくべきことをご紹介します。

四十九日法要の事前にすすめておくべきこと

①日時・式場の決定

日時・式場の決定

始めに日時の調整と式場を手配します。日時を決める際にはできる限り多くの人が集まれる日を優先するため、 本来の四十九日より前の土曜日・日曜日などがよく利用されます。

四十九日目を過ぎてから行うことは故人の魂を待たせることになるため、避けるようにしましょう。
式場は菩提寺があれば寺院を利用することが多いですが、 なければセレモニーホールや自宅などが選択肢にあがります。
式場は日程によっては利用できない場合もあるため、葬儀が終わってすぐに調整を始めるのがいいですが、遅くとも1ヶ月くらい前には決めておきましょう。

②案内状の手配

案内状の手配

四十九日法要の日程などを知らせるために、案内状の準備も必要です。
身内だけで集まる場合には電話で済ませることもありますが、その場合には正確に日時や場所などが伝わるように配慮が必要です。
参列するためには予定を調整する必要があるため、日時や場所が決まればすぐに手配しましょう。

案内状に記載する内容については「挨拶状作成」をご覧ください。

必要な準備(2週間前まで)

本位牌や仏壇の用意

四十九日を境に、これまで使用していた白木位牌から本位牌に魂を移し、また仏壇がある場合は仏壇の開眼法要を行います。本位牌には戒名の文字入れをしなければならず、依頼から完成までは1週間~2週間程度かかります。
また仏壇を購入する場合も、店舗によっては配送に時間が掛かる場合があるため、余裕をもって2週間前くらいには手配しておくようにしましょう。

料理・引き出物(香典返し)の手配

料理・引き出物(香典返し)の手配

法要の後に行う会食や、参列のお礼と香典のお返しである引き出物の手配をします。会食を行わない場合には、引き出物と一緒に折詰めの料理や酒の小瓶を渡すようにしましょう。
当日までに準備が完了できれば問題ありませんが、できるだけ早めに手配しておきましょう。

法要の時期

仏教では、法要を行う日が決まっています。宗派によって様々な考え方がありますが、仏教では人が亡くなってから四十九日まで(中陰)が忌中とされ、四十九日目(満中陰)に来世の行き先が決まると考えられています。四十九日までは七日ごとに忌日が設けられており、それぞれ法要が営まれます。

このうち親族や友人などを招いて法事を営むのは、「初七日」と「七七日(四十九日)」で、それ以外の忌日は、遺族のみで供養をすることが多いです。命日の百日後には、「百か日法要」が営まれます。そして、以後、一周忌・三回忌と、三十三回忌まで法要が営まれます。
百か日までの法要を「忌日法要」と言い、一周忌以後の法要を「年忌法要」と呼びます。
なお、三回忌からは回忌という数え方になるため注意が必要です。

 

香典返しについて

四十九日(七七日忌)の忌明け(満中陰)の法要が無事終了した後、忌明けの報告とお礼をかねて行います。
香典返しを送ることは悲しみに区切りがついたこと、忙しい中で葬儀に駆けつけてくださった方への、感謝の気持ちを示すことでもあります。

香典返しを送る時期

香典返しは、仏式では四十九日の忌明け後に、挨拶状を添えて送るのが一般的です。
故人が亡くなってから四十九日まで3ヶ月にわたる場合は、三十五日忌明け後に送ります。

最近は、通夜や葬儀の日に渡す「当日返し」も増えています。
当日返しを行った場合、高額の香典をいただいた方や、特にお世話になった方へは忌明け後、挨拶状を添えて改めて香典返しの品を贈ることもあります。

香典返しの相場

香典返しの金額の相場は一般的に「半返し」と言われています。
いただいたお香典金額の半額相当の品物を目安としてお返しをされる方が圧倒的に多いためです。
たとえば、10,000円いただいた方には5,000円相当の商品をご予算として考えるとよいでしょう。

香典返しの選び方

香典返しとは四十九日間いろいろお世話になった方へありがとうの気持ちをお伝えするものです。一人ひとりに合わせて商品を選べると一番良いですが、なかなか難しいと思います。
そのため、一般的に香典金額ごとに商品を決めます。香典金額が1万円以下の場合は、タオルや洗剤などが多いです。
それ以上の場合は、毛布や布団など、寝具が多く使われますが、最近はご本人様に選んでいただくカタログギフトが人気です。また、粗供養はお茶・のり・調味料の詰合せなどが人気です。

香典返しで避けたほうがよいもの

たとえ、手元に残らないものでも中にはタブーとされている品物もあります。
一般的に肉や魚の類は「四つ足生臭もの」と呼ばれ昔から避けられています。
お酒などの嗜好品や、慶事に使われるかつお節や昆布も香典返しにはふさわしくないとされています。
また、商品券などの金券は金額が分かってしまうのであまり好まれていません。
タブーではありませんが、なるべく避けたほうがよいでしょう。

カタログギフトが人気の理由

カタログギフトが人気の理由

香典返しで人気があるもののひとつがカタログギフトです。

カタログギフトは「好きな物を選んでいただける」というメリットはそのままで「金額が分かってしまう」デメリットを解消できます。また、肉や魚、酒などのタブーとされている品物もカタログギフトの中から選んでいただけるのであれば問題はないというのが一般的です。

 

  • 当日返しをする場合、会葬者の荷物にならない
  • 日持ちしない食べ物も選べる
  • さまざまな価格があるため、予算や香典の額に応じて対応できる

といった理由からカタログギフトは香典返しとして人気があります。

 

CONTACT

ご質問・ご相談などがございましたら、お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL0120-008-538

メールでのお問い合わせ

送料について

一括配送は全国どこでも送料無料でお届け致します!

個別宅配について

配送用住所録にお届け先の住所等をご記入ください。当社よりお届け先ご住所の確認のご連絡をさせて頂き、到着希望の日時に合わせて当社より個別配送をさせて頂きます。送料につきましては、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

配送日時指定

◆ご入金確認後5日以内、またはご指定日時に発送致します。
※北海道・沖縄・離島へのお届け、土日祝を挟む場合は通常よりお時間がかかる場合がございますのでお急ぎの方はご注文前に一度ご確認下さい
※オリジナルメッセージカード(挨拶状)をご希望のお客様は作成にお時間を頂戴いたしますので、お早めにご連絡下さい。
◆日本国内のみの配送とさせて頂きます。

配送日時指定

配送業者

佐川急便 佐川急便

返品交換について

お客様のご都合によるご返品は原則としてお断りさせて頂いております。 商品には万全を期しておりますが、万が一弊社ミスによる商品違いや破損・汚れ等に関しましては、商品の到着から2日以内にご連絡の上、弊社負担により交換・発送致します。
 

支払い方法について

◆クレジットカード決済


◆コンビニ決済
     

◆銀行振込(前払い)
銀行名 : 滋賀銀行
支店名 : 山東支店
口座番号 : (普)325909
口座名 : 有限会社MY企画

◆郵便振替(前払い)
銀行名 : ゆうちょ銀行
店番 : 468
口座番号 : (普)1941987
口座名 : ユ)マイキカク

◆農協振込(前払い)
銀行名 : レーク伊吹農業協同組合
支店名 : 伊吹支店
口座番号 : (普)0386498
口座名 : 有限会社MY企画

※振込手数料はお客様負担でお願い致します。

◆代金引換
1万円以下 324円
3万円以下 432円
10万円以下 648円
30万円以下 1.080円
50万円以下 2.160円
60万円以下 6.480円

※商品の合計金額が70万円を越える際に、代金引換を
利用することは出来ませんのであらかじめご了承下さい。
※代引き手数料はお客様負担でお願い致します。
 

領収書について

領収書が必要な方は、別途ご連絡下さい。